動作環境
    Microsoft Internet Explorer 6以降(7以降を推奨)
    Safari 3以降
    Firefox 2以降
    GoogleChrome8以降
    ※Cookie、Javascriptは有効に設定してください。




動作環境
Microsoft Internet Explorer 6以降(7以降を推奨)
Safari 3以降
Firefox 2以降
GoogleChrome8以降
※Cookie、Javascriptは有効に設定してください。

ヘルプ

ヘルプ
ログイン情報をメールで送信します。
ご登録者のメールアドレスを入力し、画像の中に書かれている文字を入力してから
パスワード送信ボタンをクリックしてください。

ご登録者メールアドレス
またはサブメールアドレス
画像認証
上の画像に書かれている文字 (半角)



※ご登録者メールアドレスが一致した場合にメールでログイン情報が送信されます。
※サブメールアドレスを登録されている場合はサブメールアドレスにも送信されます。
※ひとつのメールアドレスで複数の会員IDをお持ちの場合には、それぞれの会員IDごとにメールが送信されます。

ログインページに戻る




まだエクストリムの会員でない方は会員登録を行っていただき、 会員登録後にレンタルサーバーをお申込ください。
会員登録はこちらから

■DNSマネージャの概要■
・レンタルサーバーで使用している独自ドメインをベースとしたDNSレコードが発行できます。

・各サブドメインに対しての各レコードの設定可能数は以下となります。
 
Aレコード=1 / MXレコード=7 / TXTレコード=1 / CNAME=1 / サブドメイン権限委譲NS=3

・レコードの種類によっては、他のレコードと重なることができません。
 A・MX・TXT ・・・同時設定可
 CNAME・・・CNAMEのみ
 NS・・・NSのみ


・DNSマネージャを使用してDNSレコードを発行する場合、各ドメインのネームサーバーは以下の情報に必ず設定してください。
 プライマリ:ns1.extrem.jp (59.106.83.113)
 セカンダリ:ns2.extrem.jp (59.106.83.114)

 ※上記はエクストリムレンタルサーバーで設定していただくネームサーバーと同じです。
 ※上記のネームサーバーが設定されていない場合、DNSマネージャの設定はアクセスには反映されません。

・例えば、example.jp、www.example.jpをエクストリムのレンタルサーバーで使用している場合は、DNSマネージャのサブドメイン権限委譲を発行することで shop.example.jpを他社サービスで使用、myserver.example.jpをご自身のサーバーで使用、という利用もできるようになります。サブドメイン権限委譲の際には、利用するサービスから指定されたネームサーバーをNSレコードに設定してください。

・レンタルサーバーから独自ドメインを削除した場合、削除された独自ドメインのDNS情報はDNSマネージャからも削除されます。(削除のタイミングは午前0時以降となります。)




DNSマネージャで各レコードを設定・運用いただく際に万が一発生した問題につきましては当社では責任を負いかねますので、
お客様ご自身の責任の元でのご利用をお願いいたします。